クリスマスといえば・・・

コニファーは総称
植物の世界でクリスマスといえば、コニファーとポインセチアですね。
クリスマスが間近になり、どこの園芸店でもホームセンターでも店頭にコニファーが
沢山並んでいます。
コニファーという名前は針葉樹の総称だということは、園芸の経験のある方は大抵ご存知
だと思います。
コノテガシワ、ビャクシン、ニオイヒバ、プンケゼンストウヒ、サワラなどの総称で
日本のマツやスギ、ヒノキそのものは含めないのが一般的だそうです。

魅力は葉色
なんといっても葉色ですね、ライムグリーンやブルー、シルバーなど色々な葉色が楽しめます。
樹形もおなじみの円錐形や這性、丸の球状などと種類が多くあります。
シンボルツリーをはじめ垣根だけでなく、勿論!寄せ植えにも最適です。(^^♪

香りも魅力
ゴールドクレストのようにライムグリーンの葉は香りも魅力です。
日本の森と違う香りで、カナダの香りとでも表現したらいいのかな・・・個人的なイメージです(^^♪

ワンポイント
コニファーは葉の表面積が広いので水分の蒸散が多いため、その分水を必要とします。
水切れをさせないようにしましょう。
でも水切れ防止にと、鉢皿などで水をためてはいけません。水はけの良い用土を保って下さい。
ワンポイント2
ゴールドクレストは金属アレルギーです。ハサミで切るとそこから枯れ込んできます、剪定は芽先を
手で摘み取るようにします。
根が粗いので寄せ植えに使う際には、あまり根鉢は崩さないようにして下さい。

簡単そうで、意外と繊細なコニファー君です。 (^^♪
久米店での寄せ植え体験会の時に、色々なコニファーを使って森林風の寄せ植えやビオラや季節の
草花を使って寄せ植えしたいと思います。

人生の記念日を優しく彩る季節の寄せ植え
贈る人の想いを乗せてお届けします
寄せ植え教室とプレゼント寄せ植えの
寄せ植え工房 花の記念日
出張講習も承ります

関連記事

  1. 春の嵐に負けず今日も寄せ植え(^^♪

  2. オステオスペルマムの寄せ植え特集!

  3. 今日の寄せ植え・・・ブルーが多くなった (^^♪

  4. 寄せ植え作り年内最終!

  5. 山口ゆめ花博フラワーデコレーションコンテストNO,1

  6. 寄せ植えで楽しむ 光子ロイヤル