寄せ植えの名脇役 : カルーナ’ガーデンガールズ’

カルーナは:ツツジ科、原産地:南アフリカ/ヨーロッパの常緑低木です。
ガーデンシクラメンと同様に、寒さに強く冬も戸外で管理できます。
ガーデンガールズの魅力は、優しい色の小さなつぼみを花茎いっぱいにつけることですね。
つぼみのままで開かないので、きれいな色が長く続きます。ふ~ん花が開いてないんだ・・・て感じですね。
仲間のブルガリスと違ってすらりとした花茎も特徴で、寄せ植えに入れると動きが出て、寄せ植え全体に変化が出ますよ。
そして、ガーデンシクラメンとの相性は抜群! 相思相愛(^^♪です。
ガーデンシクラメンの寄せ植えを優しくまとめてくれます。
玄関先を飾る寄せ植え、プレゼントしてもきっと喜ばれます。

管理のコツ

水切れが最大の敵!

ガーデンガールズに限らずカルーナの根は微細で、根が回ると和紙のようになります。
そのため、一度乾かすと水が入りにくくなります。水切れが最大の敵です。
水切れをさせると下から枯れあがってきます。

ワンポイント

ガーデンガールズは寄せ植えに使う際に、根鉢を少々いじっても大丈夫です。
ということで、スペース調整や高さ調整がしやすくなりますね。
11月末で出荷がなくなります、ガーデンシクラメン同様に12月に入ると良い苗が売り場から姿を消す・・・ってことも
早めの確保が必要ですよ。
つぼみは下から色づき、やがて茶色に変わります。将来性のある苗を選んで下さい。

色が長持ち、花がら処理も不要、根鉢が崩せる、動きがある・・・寄せ植えがグレードアップします。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 寄せ植えの主役達・・・ガーデンシクラメン

  2. ガザニアで寄せ植え、なかなかいいじゃん(^^♪

  3. レースラベンダーとバコパでリメイク (^^♪

  4. うれしい言葉

  5. 2000円で買える寄せ植え (^^♪

  6. コデマリとヘデラが大活躍 (^^♪